防音仕様にしよう

防音工事をする理由の移り変わり

昔は、住宅と住宅の間隔が広く取られていましたし、騒音を気にする住民も少なく住宅の防音について考える必要があまりありませんでした。しかし、近年都会では、住宅と住宅の間隔は狭くなり、騒音に対する世間の風当たりも冷たくなってきました。 数十年前までは、ピアノ等の楽器を演奏したい方が自宅を防音工事すると言うことが多かったのですが、現在では、子供の声がうるさいと苦情が来て防音工事をされる方も増えてきています。 それに伴い住宅の防音工事の件数も増加しています。また、より高い防音性を持った資材なども開発されています。工事の方法なども工夫されるようになり、手頃な価格で自宅に防音室を作ることができるようになりました。

これからは性能保証が主流に

防音工事をする際に心配なことは、本当に音が漏れないのかということです。これは、施工してみないと分からないことですので、施工主にとってとても不安なことです。この不安を取り除く為に、少しずつではありますが、防音工事の性能保証をつける業者が増えてきています。 この性能保証では、施工後に防音性能を十分に発揮できているのかを調べ、もし性能に問題がある場合施工を無料でやり直してくれるというものです。 騒音の苦情で工事をしたのに十分の性能が発揮できなかったら意味がありませんから、このような保証があることで安心できます。 工事を依頼する場合、やはり安心を求めますのでこのような保証のある業者を選びます。その為今後は性能保証をつける業者が増えてくると思われます。

Design by Megapx . Template by s-hoshino.com