トイレのつまり

柔らかいもの、固いものをつまらせてしまった時に

日常的に居住している空間において最も劣化の見えやすい箇所として、トイレなどの水回にトラブルが起こりやすいといっても過言ではありません。事実トイレはよく使用する頻度も高いとあって様々なトラブルなどが見え隠れすることがあり、その中でもトイレつまりなどの頻度は大なり小なりと、どこの家庭にでも発生しがちです。 トイレつまりの多くはトイレットペーパーなどを大量に流しすぎてしまったことや、何か固い異物を詰まらせてしまったことにより起こりえます。前者の場合であればすっぽん(ラバーカップ)を使用すれば大抵のトイレつまりは解消できます。すっぽんは先端が出ているものと、そうでないものと二種類ありますが、トイレの排水溝に合わせて先端が出ているものがおすすめです。

すっぽんで対処できない場合は専門業者を

上記でトイレつまりの対処法としてすっぽんを利用すると述べましたが、では固い異物をつまらせてしまった場合に、どうすればよいかということになります。固いものを柔らかいものがつまった時と同じように、すっぽんで押し込むとその先でさらに詰まってしまい、流れなくなってしまうといった懸念があります。また手ですくい出すにしても中にまで入り込んでいるので、困難を極めます。基本的に固いものをつまらせてしまった場合には、トイレのつまりなどの知識や技術を持った専門業者に依頼をして、トイレを取り外しての作業を余儀なくされるケースが多いです。 いざ専門業者を選ぶとなると様々な業者がネット上などにおいて検索できますが、一番良い方法は口コミで評判の業者を選別することが、よい業者と巡り合える目安といってもよいでしょう。

Design by Megapx . Template by s-hoshino.com